ビジネスホンの利便性

企業で電話を導入したり変える際にはビジネスホンがお勧めです。

ビジネスホンの利便性
ベンチャー企業などでこれから企業を立ち上がて電話を導入したいとお考えの方や、既に電話を導入しているけれど変えようかと思っている担当者の方もいらっしゃるのではないでしょうか?会社で電話をするにあたっては、内線や転送の機能は必要ですし、そうでなくてもあるととても便利です。私は電話回線の事に疎いので知りませんでしたが、回線を整理したり回線種別をちゃんと選ぶことによって思いがけず経費削減になるケースもあるようなのです。最近はデフレでどこの企業も経費削減を懸命に考えています。でしたら、ビジネスホンを導入しない手はありませんね。

そもそも「ビジネスホン」とはどのような種類の電話のことをいうのでしょうか?普通の電話と同じく「発信」「着信」できるのはもちろんのことですが、「保留や転送」「内線」「代表組」が出来る電話のことを指します。保留は一般電話にもありますが、その他は家庭の電話にはないものですよね。そしてビジネスホンは「新品リース」「中古購入」「レンタル」と色々な形態で利用することができます。新品のリースだったら初期導入コストを削減できて経費処理や保険などのメリットも享受しつつ新品の電話機を利用することが出来るのが長所です。中古購入は、最近のビジネスホンは寿命が長いので十分に利用することが可能なのに購入費用が新品の半分以下で手に入れることができます。レンタルですと、イベントなどの短期でしか利用しないという時はリースしたり買ったりするよりレンタルの方が良いです。

そして、電話回線の種類も色々です。まず、従来の「アナログ回線」です。電話しか利用しないご家庭はこちらの回線というところが多いと思います。それに対し一時期ネットをする方に人気だった「ISDN」というデジタル回線でしたら、アナログに比べるとコストパフォーマンスに優れています。今でしたらこのデジタル回線は割引後に月々約2600円くらいの金額での利用が可能です。そして、今は「光電話回線」もあります。うちはインターネットもするのでこれにしていますが、ネット利用もすんなりと出来、普通に電話をかける時も全国どこでも電話料金が同じでお得です。全国展開している企業でしたらこちらの方が何かとお得だと思います。企業のスタイルでビジネスホンや電話回線を選びたいですね。

関連リンク

Copyright (C)2016ビジネスホンの利便性.All rights reserved.